雑学

竹内まりや、実家の旅館のオーナーに。実兄性格が廃業危機の原因?リニューアル後が人気?

シンガーソングライターの竹内まりやさんが、実家の老舗旅館のオーナーになることがわかりました。
竹内まりやさんといえば、ユーミンこと松任谷由実さんと並ぶ、女性シンガーソングライターの大御所というべき人物。

【画像元=竹内まりやオフィシャルホームページ】

いまさら、副業として、旅館経営に手を出す必要はどこにもないはずですが、なぜ、今回急にオーナーとなることになったのでしょうか?
それには、やむにやまれれぬ事情があったようなのです。

Sponsored Link

 

実の兄の偏屈な性格で、客離れや従業員の退職が止まらない。経営は窮地に

竹内まりやさんの実家は、「竹野屋旅館」という、出雲大社の鳥居から100メートルほどの距離になる参道中にある、開業140年を超える老舗旅館です。皇族の方も利用したこともある格式高い旅館です。

竹内まりやさんが、オーナーに就任する前は、実の兄が5代目として経営をしていました。

お父さんの代までは、経営もかなり順調だったようですが、お兄さんが経営をするようになってから、状況が変わっていたようです。
接客業にもかかわらず、お客さんにたいして、上から目線のような態度をとったりすることもあったようです。
そして、従業員にたいしても、いちいち細かいことを指導していたので、従業員も続々と辞めてしまう状況に。

最終的には、従業員が5名まで減少し、窮地追い込まれてしまったようです。

なんとか、旅館自体は披露宴の宴会の収入で賄っていたようなですが、本来の宿泊の経営はできない状況となり、一気に客離れが進んだようです。そんな実家の窮地を見捨てるわけにいかないと、竹内まりやさんは立ち上がったようです。
竹内まりやさんは自分は好きな音楽をやらせてもらい、自由にさせてもらったので、恩返しの気持ちが強いようです。
家業を傾かせた実兄をうらんだりということはないようですよ。
人間性ができた方なんですね。

5代目の実兄は昨年退任し、6代目は竹内まりやさんのきょうだいの娘婿が継いでいます。
旅館は大幅リニューアルの真っ最中だそうで、東京のコンサルティング会社に依頼をするなど、まさに立て直しの最中だとか。
では、その竹野屋旅館って高いの?
簡単に宿泊予約できるの?

Sponsored Link

竹内まりやが実質的オーナーとなった竹野屋旅館はどんなところ?リニューアル後が人気?


出雲大社の参道から100メートルのところにある、老舗旅館です。
リニューアル後も、趣のあるこの外観を残しながら、室内をリニューアルさせているようです。
お料理の方もなかなかのクオリティです。
縁結びの神様としられる出雲大社にちなんで、朝食には、「三宝膳朝食」が提供されるようです。

縁起の良い食材や薬草をつかった女性が喜びそうなメニューです。
とてもセンスがいいですよね。女子は間違いなくこういうの好きです(笑)
竹野屋旅館のホームページから予約ができます。

土日などは予約も取りにくいようです。
竹内まりやさんファンなら一度は訪れなくてはいけない場所ですね!

Sponsored Link

 

 

 

-雑学