雑学

ホットクリーム?温かいソフトクリームが出来たって本当?気になるその味は?どこで食べれるの?

金沢の食品の研究、製造販売を手掛ける日本海藻食品研究所が、温めても溶けないソフトクリーム「ホットクリーム」を完成させたことを発表して話題になっています。高温でもあのソフトクリームの形がくずれず、なおかつ電子レンジなどで温め直すことができるというものです。

ホットクリーム
[画像元=北國新聞社]

なんと、60度まで溶けずになめらかな状態を維持するとのこと。
気になる味はというと、メレンゲのような味や触感に近いとのこと。

原料は卵白と水あめ、凝固剤を独自の方法で混ぜたものとのことなので、ほぼメレンゲの材料ですね(;^ω^)
メレンゲを高温でも焼きあがらないように凝固剤を配分して作ってるということでしょうか?
とはいえ、メレンゲをソフトクリーム状に開発されるまでには相当の苦労もあったはず。

この温めても溶けないソフトクリームを開発した日本海藻食品研究所の所長は、「誰も食べたことのない味。アイスクリームの消費量が多い石川の人に、ぜひ試してみてほしい」と語っています。
それだけの自信のある商品ですから、メレンゲじゃない?なんて言わせない美味しさがあるはずですね。

Sponsored Link

気になるホットクリームはどこで食べれるの?

ホットクリームですが、どこに行ければ食べることができるのでしょうか?
まだ、日本海藻食品研究所が、商品開発に成功したということを発表した段階ですので、まだ市場にには出回ってはいません

ですが、商品化した後、一番最初に口にできる場所があります。
それは、日本海藻食品研究所が運営している「Healthy Labo」(ヘルシーラボ)です。

じつは、日本海藻食品研究所は、7年前に「溶けにくいソフトクリーム」という商品を開発しているんです。
ちなみにその商品は原材料におからを含んでおり、常温でも溶けにくいというもの。
画像は、溶けにくいソフトクリームと普通のソフトクリームを常温で40分放置した状態を撮影したものです。
溶けにくいソフトクリームが形をしっかりと保っているのがわかりますね。

溶けにくいソフトクリーム
[画像元=日本海藻食品研究所]

溶けにくいソフトクリームも商品化後、直営の「Healthy Labo」でまず販売をしてますので、ホットクリームもまずはこちらで販売され、その後販売加盟店を増やすという動きになる模様です。

 

その、「Healthy Labo」の場所はというと、石川県の金沢です。
金沢駅から車で5分ぐらいの距離にあるようですがから、北陸にお出かけの際に立ち寄って見てはいかがでしょうか?

溶けにくいソフトクリームならば、すでに販売されているので、すぐに食べることができます。
おからをつかっているせいか、粘りが少しあるものの、味は普通のソフトクリームそのものだそうです。

★「Healthy Labo」の外観ヘルシーラボ
[画像元=日本海藻食品研究所]

★Healthy Labo 詳細
[所在地]〒921-8012 石川県金沢市本江町10番38号
[TEL] 076-292-3201(代)
[営業時間] 平日9:00-17:30
[定休日] 土・日曜日・不定休
●駐車場 あり
●JR金沢駅から車で5分
●金沢西インターから車で10分

Sponsored Link

 

ネット上では早くも話題に

10月29日にニュースになったばかりのこの「ホットクリーム」ですが、早くもネット上で話題になっています。

「不思議な感じかする、一度は食べてみたい」
「ソフトクリームは好きだが、冬場など身体が冷えるのかいやだったので、期待したい」
「温かいコーヒーの上に、このホットクリームが乗った新商品がコーヒーショップで出るんじゃないか?」

たしかに、ソフトクリームの味は好きだけど、冷えたくないっていう方も多いですよね。
メレンゲやマシュマロっぽいのでは?との疑問もわきますが、あのビジュアル自体にひかれるってところもありますしね。

早く商品化されることを期待したいですね。

Sponsored Link

-雑学