雑学

沸騰ワード10 崖っぷちの客スペシャル 沸騰島  GLAYのPVにも出た?三宅島の絶景とは?

9月14日の沸騰ワード10では、「崖っぷち客スペシャル」が放送されます。
沸騰ワード10の人気コーナーに沸騰島というのがあります。

沸騰島は、沸騰ワード10の中でも人気のコンテンツで、ぴあムックから「今すぐ行きたい!絶景沸騰島ガイド」という本も出版されるほどです。
そんな人気の「沸騰島」ですが、今回の放送では、東京の離島のひとつ「三宅島」が特集されるそうです。

三宅島というと、「東京都」の一部、「火山」の島のイメージが沸きますよね。
どうやらしらべてみると、とっても魅力のある島のようです。

Sponsored Link

東京から最短50分。手軽に行ける離島リゾート

まず、一番気になるアクセスについて。
「東京都」の一部とはいえ、「離島」なので、遠いんじゃないの?っていうイメージ強いですよね。
でも、実は、東京から最短で50分で訪れることができるんです。

調布飛行場(調布駅からバスで15分)から、新中央航空で、プロペラ機でわずか50分でつきます。
1日3便出航しています。※スケジュールにより、2便の時もあり。
午前8時台、午前11台、午前14時台の3便です。
詳しいタイムスケジュールは新中央株式会社ホームページを参考にしてくださいね。
運賃は、片道で17200円です。

三宅島へのアクセスは、飛行機だけでなく、船で行くこともできます。
こちらは、東京の東京竹芝桟橋(JR浜松町駅から徒歩で8分)から、毎日22時30分に出航しています。
到着は、翌朝の午前5時。6時間30分の船旅です。
運賃は、一番安い席で、6860円からあります。
節約と船旅を楽しみたい方はこちらの選択しもアリですね。

私自身は、船酔いをするので、三宅島に行くとしたら飛行機の一択になってしまいますが。。。(;'∀')

Sponsored Link

GLAYのあのPVにも使われた三宅島の絶景ポイントとは?

三宅島といえば、火山の島という印象が強いですよね。
その火山活動が生んだ、絶景ポイントがあるんです。

それが、「新鼻火山」です。
ここは、1983年の噴火の際にできた火砕丘(かさいきゅう)です。火砕丘とは、火口から噴出された岩石や火山灰が積もってできた丘をいいます。
なんと、この丘、一晩にしてできあがったそうです。

[画像元=島ガール.com]

このあたりGLAYの「HOWEVER」のPVで使われた場所として有名な場所なそうですよ。
GLAYファンの方にとっては聖地のような存在かもしれませんね。

コアなファンでもない私もつい真似したくなってしまいそうです(笑)
三宅島の絶景はこれだけではもちろんありません。

噴火でできたもう一つの絶景ポイント・赤場暁噴火跡

[画像元=三宅島観光協会]

三宅島の噴火がおりなしたもう一つの絶景ポイントがが、赤場暁です。
こちらも1940年、1962年の噴火により流れ出た溶岩流によってできた場所です。
さらに2000年の噴火により、10㎝以上の火山灰が降り積もり、植物が育ちやすい環境となり、草木の成長がいっきに進んだエリアです。
海の青さと溶岩の赤さ、そして、植物の緑が美しい絶景ポイントです。

溶岩が生んだ自然ばかりではなく、三宅島には小さな島ながらも観光スポットが点在します。
また、ダイビングも盛んな場所なので、海好きの方にもおススメです。

Sponsored Link

-雑学