横浜情報

ディープとしか表現がおもいつかない【麺房亭】

2016/08/25

数百ある野毛の飲み屋さんの中でも屈指のディープなお店があります。

それが、桜木町駅近くの【麺房亭】です。

料理もさることながら、とにかくマスターのキャラが濃い。

こちらの麺房亭、名前だけだとラーメン屋さん???と思ってしまうようなネーミングですが、創作イタリアンをベースとしたお店になっています。
お店の「麺」は自家製のパスタのことを指すそうで、一応イタリアンだと思われます。

なぜ、思われますとい言ってしまうかというと、こちらのお店のメニューは看板メニューのゴルゴンゾーラのパスタ、自慢の自家製生ハムは、その日のマスター仕込み具合によってメニューが変わるからです。

というか、メニューはあれど、遅い時間に訪れるとメニューに載っているものはなくなっており、厨房の中に残っている食材で、マスターが泥酔していなければ作ってくれます(笑)
21時も過ぎてから訪れると、マスターが酔ってしまっていて、スタッフさんが対応できるものしか食べれなくなります(笑)そして、もれなくマスターに絡まれます。
ここのお店はちゃんと一通り食べたければ早めにいかないといけないのです(;^ω^)
料理は、食材にこだわっており、メニューのほとんどがマスターの自家製によるものです。野菜も提携の無農薬栽培の農家が仕入れています。
お酒もビールも生のハートランドを入れていますし(←ハートランドはたいがい瓶ビール提供が多い)、日本酒や焼酎もその時々のおいしいものを仕入れています。
お酒好きのうなるラインナップが多いので、ついつい飲みすぎてしまうのでとーっても注意が必要です。
キャラの濃いマスターですが、そのあたりのこだわりは半端がないのです。
くせがあっても、そのこだわりに魅せられて通いつめる常連さんが多いです。
席数も多くはないですが、常連さんはサクっと帰る方も多いので、少人数であればふらりと寄れるお店でもあります。

看板メニューは、自家製麺を使ったゴルゴンゾーラパスタ

こちらのお店の看板メニューのゴルゴンゾーラのパスタは、そのゴルゴンゾーラチーズの濃さの度合いを選べます。

くっさーいのが好きな方は、MAXの濃さ(たしか10倍?)が選べますし、ほどほどの濃さも選べます。

私がこれまでに食べたことがあるのはちょうど真ん中あたりの濃さの4倍ぐらいだった気がします。ゴルゴンゾーラの風味も残しつつも、食べやすく、また、手打ちの平麺が少量なので、2~3人で訪れるならば、こちらが2軒目だとしても、ペロリと食べれます。
あと、よくメニューで登場するのが、チーズソースでたべる刺身の燻製です。
刺身の燻製ってそもそもって思うんですが、サバなどの刺身がローストされており、火が通っているかどうか不思議な触感なのです。
また、そのチーズソースも自家製なので、他では味わえない不思議な味なのです。
王道とは違うお店に行きたければ、ぜひともチャレンジしていただきたいお店です。

-横浜情報