横浜情報

大人のための老舗フレンチ【元町・霧笛楼】

横浜・元町といえば、大人の男性、女性が集まる街。
生粋の元町っ子は、男性も女性もとても上品な雰囲気の方が多いです。
年配の方も品があり、おしゃれすることみな忘れないといった感じです。
みなとみらいなどとちがって、ミドルエイジの人達こそ楽しめる街といったところかもしれません。
そんな元町の中でも、老舗のフランス料理として名高いのが「元町・霧笛楼」です。

3階建ての建物はお客さんを楽しませる内装になっています

霧笛楼の建物は3階建てになっており、そのフロアごとに雰囲気ががらりと異なります。
3階のパーティールームは、シルクルームという名前もついており、エキゾチックをテーマとしています。ペルシャ絨毯などがタペストリーとして飾ってあり、異国感を高めています。

2階は、オリエンタル。3階とは異なり、畳のお部屋になってります。
ですが、和の雰囲気になりすぎず、横浜のかつての焼き物として名高い真葛焼などの鮮やかな配色の器などが飾られ、また、廊下には横浜の古地図などかかざっており、和洋折衷かつ上品な空間になっています。

1階は、メインダイニングです。バーカウンターなどもあり、プチホテルをイメージしているとあって、とてもおちつく空間になっています。
こちらのレストランとは、仕事上とてもご縁があり、何度か訪れていますが、おもてなしの心意気がいたるところにあふれているなと感じます。
なかなかお値段的には、いつも訪れる場所とは、私の年齢では難しいですが、大人の方が訪れる場所としては、とても最適なのではないかと思います。
こちらのお店でお見かけする方々はみなさんとても上品な方が多い印象に感じます。

一度は味わいたい、スペシャリティメニューのブランマンジェ

霧笛楼のスペシャリティといえば、季節のお野菜をつかったブランマンジェです。
私がこちらでコースをいたただいたのは冬だったので、蕪をつかったブランマンジェでした。
やわらかすぎず絶妙な火加減の蕪に、とろみのついたソースがかけてある一品です。
霧笛楼はフレンチのお店ですが、器は和食器なども多くつかっており、こちらも小鉢で提供されます。
お箸でいただきくなるフレンチです。実際に、カトラリーの中にお箸が入っています。
お客さんが食べやすい状態でもてなすという気持ちが表れた対応ですよね。
ブランマンジェもとてもやさしいお味です。

全体的に優しいお味のものも多いので、お年を召されている人でもフルコースを最後まで召し上がる方も多いようです。

霧笛楼の隣接されているカフェでは、カフェ限定のメニューをリーズナブルなお値段でいただけるので、レストランはなかなか難しいという場合も、そちらなら気軽にいけるので、元町散策の際に訪れるのもおすすめです。

-横浜情報