グルメ 横浜情報

言わずとしれたみなとみらいのシンボル 【ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル】

2016/09/13

みなとみらいのシンボルといえば、コスモロック(大観覧車)とヨットの帆をイメージした大きな建物を想像するじゃないでしょうか。
その建物が「ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル」です。
以前にこのブログでかいた「トゥ―ランドット游仙境」が入っているベイホテル東急と並ぶ、みなとみらいの一流ホテルのひとつです。

横浜に勤めているからには、こちらのホテルに一度は泊まってみないと思いたち、泊まってみたときの体験を書こうと思います。

Sponsored Link

ザ・大人の空間「ラウンジ&バー マリンブルー」

私は朝食のみのプランで滞在したので、夕食後にチェックインをすませ、荷物を部屋へと置き、2階にある「ラウンジ&バー マリンブルー」へと向かいました。
バーカウンターは重厚感のあるまさに大人の社交場といった雰囲気があふれていました。
少人数で訪れた人は、カウンターでバーテンダーとの会話を楽しみ、大人数できた人はゆったりとしたソファーで楽しいひと時を楽しんでいる様子でした。
そこはホテルのバーとだけあり、席と席の間にほどよい距離感があるので、周りがきになりません。

私も、バーテンダーの方とのおしゃべりを楽しみながら、ホテルのオリジナルカクテルと大好きなモヒートの2杯をいただきました。

1杯あたりは、巷のバーと価格がかわらないので、ぐっと大人のひと時を楽しむにはおすすめです。

自慢のオムレツはふわふわ。食べるだけでテンション上がります

インターコンの朝食は、ブッフェダイニング「オーシャンテラス」でいただきました。その名のとおり、ベイブリッジが見渡せるつくりになっているので、とても優雅な気持ちで朝食がいただけます。

 

朝食もこれぞホテルの朝食といったように、ホテルオリジナルの焼きたてのパンやデニッシュが並びます。

これだけでも幸せな気分になるのですが、なんといってもうれしいのは、シェフがひとつひとつふわふわのオムレツをつくってくれるコーナーがあるところです。
バターで焼くだけの非常にシンプルなものですが、玉子と生クリームでしょうか、優しい甘みとふわふわのオムレツなんです。

もう、これを食べるだけでも泊まったかいがあったなあと思うほどでした。

 

もちろん、和食党の方にも安心のメニューもたくさんあります。
見た目がなあ(;’∀’)なんて思いながらも、お魚も食べたくて、オムレツの横に鮭の塩焼きもチョイスしていただきました(笑)

 

むかしながらの、「ザ・ホテル」とったヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル。

改装もおおよそ終わっているようなので、泊まってみることをおすすめしますよ。

観覧車を間近で真横から見る機会ってまずないでしょうかから、そういった面でも面白いかもしれません。

Sponsored Link

-グルメ, 横浜情報