横浜情報

喉越し軽い、上品な更科そば。バテ気味な時でもサラリと【利休庵】

2016/08/13

そば派?うどん派?って話になると、私はうどん派なんです。
なんでかっていうと、そばはお店によってとってもあたりハズレが多いからというのもその一つの理由です。
そんな私にもお気に入りそば屋さんがあります。
そして、特に夏の暑い日、さらりとノドごしのよいものが食べたくなる時に、私が必ず訪れるのが「利休庵」です。

老舗の安定感。上品な更科そばに心が和みます

利休庵は、横浜・関内周辺に勤めている人なら一度は訪れたことがある地元の老舗おそば屋さんです。
昼から閉店まで通しで営業してくれているお店なので、そういった点でもとてもありがたく利用させてもらっています。

ここはおそばの味もさることながら、老舗とあって、とてもお客さんに対する気配りが行き届いているお店なんです。

ランチ時間となると店内で椅子にすわり待つこともあるのですが、お給仕さんや、大旦那が、さりげなく雑誌や新聞を進めてくれたりと心配りをしてくれます。
ここが、立ち食いそば屋や格安チェーンそば屋が乱立している、関内においても変わらずの人気店であるゆえなのだと思います。

さて、本題のおそばですが、こちらのおそばは白くて細い「更科そば」です。
上品で、口当たりがとてもかるく、ノドごしもよいので、夏の暑い盛りにはとくに冷たいおそばが美味しく感じます。

冷たいおそばの中でも、私はこちらの納豆ソバが大好きです。
ひき割り納豆に、かわいれ大根、削り節などシンブルな組み合わせ。
納豆好きでもある私にはたまらない一品です。つゆも辛すぎず、甘すぎずほんとに上品なんです。

あと、納豆ソバと同じぐらいにおススメなののが利休ソバです。ほかのお店だと、おかめそばとかいうのかしら?いろいろな具材がはいった五目そばです。お麩やわかめ、かいわれ大根、玉子、わかめなど。
おそばとともに色々な食材を食べれるのは、いいですよね。
炭水化物だけでなく、色んな栄養もとれますので。

おそばより、これを楽しみにしてる人がいる?季節で変わる炊き込みご飯

利休庵では、ランチ時、サービスで炊き込みご飯がついてきます。
この炊き込みご飯が、季節のよって内容が変わるので、これもランチ時に訪れる楽しみなのです。
豆ごはん、ショウガごはん、キノコごはんなど等々、バラエティに富んでいます。

この炊き込みご飯の量は、軽くお茶碗一膳程度。もうちょっと食べたいな。というこのくらいの量がいいのです。

ちなみに、大旦那は、席をまわって、お茶やお水をいれたりしつつ、おそばをベストタイミングで食べるように勧めてきます。
おそばより先にご飯に手をつけようとすると、阻止してきます(笑)

おそばだけじゃ、お腹すいちゃうな。。。そんなことをわかっているのでしょうね。
かゆいところにも手がとどくというか、心配りがにくいのです。

これからも変わらず、今のままのスタイルで営業していてってほしいなと思います。

 

-横浜情報